かねこクリニック

形成外科のご案内

  • HOME »
  • 形成外科のご案内



形成外科

形成外科は、皮膚の出来物や腫瘤、巻き爪・陥入爪、術後・熱傷後の瘢痕ケロイドなどに対し、専門医が患者様と親身に相談しながら、適切な医療を提供いたします。

形成外科ではどんな疾患が診られるの?

外傷、外傷後変形(怪我、火傷、または怪我や手術の傷跡、変形)、表面にある病気、できものなどに対し、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、皆様の生活の質 " Quality of Life " の向上に貢献する、外科系の専門領域です。

例えば次のようなことでお悩みの方は是非ご相談ください

・皮膚の腫瘍、できもの、陥入爪、巻爪
・外傷による傷や創、外傷後や術後の傷やケロイド、瘢痕
・眼瞼下垂、逆さ睫毛、腋臭 など

それは 眼瞼下垂 かもしれません。

眼瞼下垂って?

上まぶたが開きづらくなる疾病のことです。
見た目の印象だけではなく、肩こりや頭痛
を引き起こしたり、目の奥が痛くなったり
する原因にもなります。

下記の症状にお心当たりがある方は眼瞼下垂かもしれません。

〇まぶたが下がり、開けにくい
〇自分の表情が眠そうに見える
〇夕方あたりから目が疲れる、痛くなる
〇まぶたの上がくぼんできた
〇二重の幅が広がってきた
〇おでこにシワが増えてきた
〇頭痛や肩こり、目のかすみがひどい
〇顎を上げて話す癖がある

放っておくと肩こりや頭痛、弱視の原因となり脳の働きにも影響があります。

 

 

眼瞼下垂は病気です。治療は保険対象となります。

上記症状にてお困りの方は一度、形成外科までご相談ください。

PAGETOP
Copyright © かねこクリニック 診療のご案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.